2010年01月28日

第1168話 初飛行の日

1がつ26にち はれ晴れ

 IMG_1945.JPG

 XC−2が初飛行した日の岐阜基地の画像。 他にも色々と飛んでいました☆


飛実の戦闘機

 IMG_1905.JPGIMG_1924.JPGIMG_1932.JPG

 午前中、C−Xの飛行の前に岐阜の戦闘機が着陸しました。 F−15は試験中の空対空小型標的を搭載しています。

 IMG_1913.JPG

 入間より飛来したU−4連絡輸送機。 主な任務に要人輸送があるのですが、C−Xの関係でしょうか?

C−X

 IMG_1952.JPG

 午前11時半ごろ、初飛行を終えたC−Xとチェイスを務める4機のT−4が基地へ戻ってきました。
 みなさんそれぞれの撮影位置で、C−Xを迎えます。

 IMG_1985.JPGIMG_1960.JPGIMG_1968.JPG
 IMG_1975.JPG

 TRDI(防衛省技術研究本部)伝統の紅白塗装を施された初号機。 ピカピカの機体が太陽に照らされます。
 現在のC−1輸送機と比べると、全長が15mぐらい長く、近くで撮ったら機体後ろが切れてしまいます(^^;


4機のT−4

 IMG_2001.JPGIMG_2008.JPGIMG_2013.JPG
 IMG_2024.JPGIMG_2030.JPGIMG_2041.JPG

 C−Xが着陸した後、チェイスを務めた飛行開発実験団所属の4機のT−4が、エシュロン隊形で上空を通過しました。
 かつて、『XT−4』として同じようにこの場所から飛び立った先輩からC−Xへのエールのように感じました。

 着陸時には各機の後席パイロットが、ギャラリーに手振りで挨拶をしてくれました。


なぜか陸自(多)

 IMG_2097.JPGIMG_2101.JPGIMG_2116.JPG

 この日は陸自の機体も見られました。 写真真中は明野の第5対戦車ヘリ隊向けのOH−1(#630)
 CH−47JAは群馬県の相馬原駐屯地所属の機体です。


なぜかT−4(多)

 IMG_2048.JPG
 IMG_2055.JPGIMG_2069.JPGIMG_2078.JPG
 IMG_2114.JPGIMG_2125.JPGIMG_2134.JPG

 毎度のこと、T−4も多数飛来。 ほとんどが浜松の31・32飛行隊の訓練機ですが、#722のコブラマークは宮崎県新田原の飛行教導隊の機体でした♪
 浜松のT−4訓練は、岐阜以外にはどこへ向かうのでしょうか?

ひとこと/U−4の飛行も初めて見た
posted by aki at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛行機の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139727017
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。