2009年11月10日

第1141話 ちょっと休憩

〜3〜 地上展示機の篇

 CRW_8346.JPG

 今年、エプロンに展示された航空機たちです。 そういえば陸自のイベントには空・海の自衛隊機をあまり見ない気がしますが、何故でしょう? 陸自はどこにでも来てくれるイメージですが…


AH−1S & UH−1J

 CRW_8355.JPGCRW_8345.JPG

 ベースは同じなのに、用途が違うとこんなに形が違うんですね。 似ているところは尻尾の方ぐらいです。

 AH−1S 73461 XATH
 UH−1J 41805
 
OH−6D 観測ヘリコプター

 CRW_8369.JPGCRW_8333.JPG

 2機展示されていたOH−6D。 1機(#259)は前のドアを外してコクピットが開放されていました。

 OH−6D 31259 S
 OH−6D 31291 ]UH

OH−1 観測ヘリコプター

 CRW_8330.JPG   CRW_8366.JPG   CRW_8331.JPG

 純国産の観測ヘリOH−1です。 展示機は前の操縦席が開放され、中を見ることができました。 計器がほとんど見当たらないHUDとグラスコクピットが特徴です。

 OH−1 32605 S

CH−47J 大型輸送ヘリコプター

 CRW_8327.JPGCRW_8358.JPGCRW_8360.JPG

 毎年明野の航空祭では体験地上滑走に模擬戦に水撒きにと大活躍のCH−47Jチヌーク。 地上展示機は大きなカーゴスペースが公開され、中を見ることができました。

 CH−47J 52929 HGPY

UH−60JA 多用途ヘリコプター

 CRW_8368.JPGCRW_8329.JPG

 UH−1JAも機内を公開していました。 展示中は人だかりができていて大人気だったので、帰り間際の誰もいない時に撮りました(^^;

 UH−60JA 43115

AH−64D 攻撃ヘリコプター

 CRW_8349.JPG   CRW_8350.JPG   CRW_8318.JPG

 “最強”と言われるヘリなのに、13機しか調達されず戦闘部隊に配備されないかもしれない悲運の子。 90式戦車を北海道だけに配備したように1箇所に配備するのでしょうか? なかなか大変です…

 AH−64D 74505 S
 AH−64D 74507 SD

LR−1 連絡偵察機

 CRW_8352.JPG
 CRW_8351.JPGCRW_8353.JPG

 地上展示機の中で、個人的に1番だったのはコレ☆ LR−1連絡・偵察機、しかも2機! 「陸自にあと何機残ってるんだろう?あと5機ぐらいしかないかも」の内の2機!! これは来て良かったと思いました〜

 LR−1 22016 SU
 LR−1 22018 LR


官公庁・民間機

 CRW_8347.JPGCRW_8348.JPG

 海上保安庁からはベル212“かみたか”が、三重県警はA109E“いせ”が参加しました。 海保も県警も明野は古巣ですね☆

 ベル212 JA9684 かみたか
 A109E JA06ME いせ

 CRW_8325.JPGCRW_8324.JPG
 CRW_8321.JPGCRW_8322.JPGCRW_8323.JPG

 その他、明野飛行場を使用しているグライダー、個人所有のセスナ機などが展示されていました。

 SF−25C JA2257 あけの
 ASK−21 JA2288 あやめ

 C−152  JA4099
 FA−200 JA3698
 7G−CBC JA3859

 IMG_1136.JPG

 以上で地上展示はおしまい!
つづく


ひとこと/お昼はもちろん“伊勢うどん”
posted by aki at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛行機の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。